校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2022 年 2 月 のアーカイブ

3月の主な学校行事予定

長野県「まん延防止等重点措置」~3月6日   感染症対策の基本  〇感染源を絶つ  〇感染経路を絶つ  〇抵抗力を高める  闘うべきは人ではなくコロナ…1/20ブログ  「うつされる恐怖心ではなく、うつすかもしれない危機感をもつ」

3月の主な学校行事予定は次のとおりです。

2日(水)放課後学習教室(終わりの会)
3日(木)生徒集会・生徒会委員会
7日(月)あいさつ運動
9日(水)県立高校後期選抜 1・2年バドミントン・卓球クラスマッチ ※給食なし
10日(木)県立高校後期選抜(面接) 通学班会
11日(金)3年生を送る会 3年バドミントン・卓球クラスマッチ
14日(月)3年薬物乱用防止教室
15日(火)3年同窓会入会式(校歌を学ぶ会)
16日(水)3学期終業式
17日(木)卒業証書授与式(1・2年休業日)
18日(金)後期選抜合格発表 春休み~4月5日(火)

来年度グランドデザイン案に対する意見募集は3月16日に締め切らせていただきます。 → R4グランドデザイン 3月2日現在案

ページの先頭にもどる

タイピングコンテストを行いました

24日(木)6校時前半に第2回校長杯タイピングコンテストを行いました。パソコンのタイピング技術習得を目指し、飯田市が目標としている「手で書くのと同じか、それ以上」を受けて、100文字(1分間)程度を卒業ゴールとして学年目標を決めました。
平均結果(サイト利用の視写入力)は以下のとおりで、目標を達成することができました。

    目標  1学期 2学期 3学期
1学年  75   56 → 75 →  84
2学年  90   70 → 81 →  93
3学年  105   77 → 85 → 107

さらに今回は、「ふうくん(本校キャラクター)の画像を見ながら、ふうくんを知らない人に、ふうくんの特徴を知ってもらうための文章を考える」思考入力にも挑戦しました。

また、6校時後半は、本校配信中の「部活動セミナー」を視聴しました。

【生徒の皆さんへ】
飯田市教育委員会からのアンケート「部活動について」「ジブンチャレンジ期間を経て(1・2年生)」「学校トイレについて」「ICT教育に関して」、Google Formsでの回答協力をお願いします。

オンデマンド配信がトップページに表示されていないときは、「アーカイブ2022年2月」へお入りください。

ページの先頭にもどる

北京オリンピック2022を終えて  コミュニティスクール

校長室前の黒板を紹介します。私たちは北京オリンピックからも様々なことを学ぶことができ、生き方等、学年・学級通信からも生徒たちに発信されています。

校長室前黒板では、林教頭先生企画による、シリーズ先生方からの「中学生に聞かせたいキャリアの話」が連載されていますが、その合間を縫っての話題です。

22日(火)夕方からの「明るいかざこしの子らを育てる会」のオンライン・リモート会議を有り難うございました。丸山小学校と飯田西中学校の子ども達や、それぞれの学校教育に対する肯定的なご意見を賜りましたことに感謝申し上げます。

また、羽場・丸山・東野地区のまちづくり委員会や公民館をはじめ、地域各団体の皆様方には、変わらぬご支援ご助言をよろしくお願いいたします。

ページの先頭にもどる

保護中: 新入生保護者説明会【オンデマンド】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ページの先頭にもどる

南信州新聞に掲載されました

本日2月16日(水)の南信州新聞1面で、14日(月)に行われた3年生の「未来の自分と地域を考える会」について取り上げていただきました。成人式に向け、羽場・丸山両公民館が毎年実施している授業内容です。
(南信州新聞社様から掲載許可を得て、記事紹介しております)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像が見づらいようでしたら、こちらからご覧ください → 216新聞で見る西中 南信州.docx

 

ページの先頭にもどる

救命法についての学習を行いました。

2月9日(水)10日(木)に、2年生の保健の授業の中で「救命法」について学びました。

飯田消防署からAED、ダミー人形をお借りし、グループに分かれての学習となりました。

感染症予防の観点からも、人工呼吸の練習は行わず、胸骨圧迫やAEDの使い方などをダミー人形を使って実際にやってみました。

生徒からは、「実際に自分が今回の授業のような状況に立ち会ったとき、焦って何もしないのではなく、自分のできる範囲で応急手当をし、周りの人と協力して対応したいと思いました。」

「胸骨圧迫は思っていたよりも力が必要で、長い時間ずっとやり続けるのはとても大変でした。」

「大切だなと思ったことは『近づく前に自分の身の安全の確保』です。状況を予測して、どうすればいいのかという自分の考えをもつことができました。」

「AEDが思ったより簡単に使えるようになっていて、すごいなと思いました。」 などの感想があがっていました。


ページの先頭にもどる

「感染症予防期間」実施中です。

本校では、現在、感染症予防の意識を高め、学校内の風邪、インフルエンザ、コロナウィルス等の感染症のまん延を防ぐため、「感染症予防期間」を実施中です。(2月1日関連記事あり)

きのうのお昼に、保健委員長が全校生徒に向けて行った校内放送を一部紹介します。

「2月10日(木)に、2時間目休み時間中換気をおこなっているかどうかを抜き打ちでチェックを行ったところ、全校のクラスがしっかりと換気を行えていて、とてもよいと思いました。

先週の生徒会で現状を報告してもらったところ、「自ら窓を開けたり手洗いをしてくれている。でも、友達どうしの距離が近く密になっている」という意見が多く出ました。

お互いのためにソーシャルディスタンスに気を付けて生活をしましょう。

手洗い、手指消毒、換気なども引き続き行い、全員が健康に過ごせるよう学校全体で意識を高めて感染症予防に力を入れていきましょう。」

保健委員長としての責任感が伝わると同時に、生徒の皆さん自らが、高い意識を持って行動している様子がわかります。

・・・

休み時間中には、グランドに出て雪合戦などをする元気な姿も見られました。

 

 

 

 

 

 

 

このままみんなが元気に健康に過ごせますように。

ページの先頭にもどる

ハンドソープのご寄付をいただきました。

このたび、小林製袋産業株式会社 代表取締役社長の熊谷様より、新型コロナウィルス感染症対策のため、ハンドソープのご寄付をいただきました。

進学を控えた大切な時期ですし、200人を超える生徒たちが毎日何度となく手洗いをしている現在、この度のご寄付は本当に有り難く、心より感謝申し上げます。

生徒・職員とも健康に過ごせるよう、大切に使わせていただきます。

ページの先頭にもどる

後期選抜リハーサルを兼ねた実力テスト 帰宅後にオンライン委員会

3年生は第9回実力テストを、後期選抜の行い方に準じて実施しています。

・控え室を設ける ・生徒は廊下に待機、職員が問題冊子・解答用紙を生徒机上に置く ・テスト開始3分前に入室する ・テスト開始の合図があるまでは、机上の物に手を触れない ・テスト開始から25分経過したときと、終了5分前に時間を知らせる ・生徒が退室したら、職員が問題冊子・解答用紙を机上から回収する

実力が十分発揮されることを期待しています。

また、今日は5時間日課で、下校後に自宅でオンライン委員会(Classroomへ入室、16:00~16:20予定)を行います。前回は1・2年生だけでしたが、今回は3年生も参加するので、アドバイスなどもらえます。

→ 大雪警報が出ています。安心メールでお知らせしたとおり、本日は清掃を行わずに下校時刻を早めます。このことに関連して、「雪道歩行や交通事故」への注意喚起等も行いました。

→ 昼休みには30~40人ほどの生徒(教員も)が校庭で雪遊びをしていました。体を動かすことで「体の抵抗力」も高めてほしいと思います。【キーワードは栄養・睡眠・運動】

 

ページの先頭にもどる

朝の活動の時間に新聞を読んでいます

1・2年生は今週(7日~10日)朝の活動の時間に「新聞」を読んでいます。朝日新聞社発行の「中高生のための朝日SDGsジャーナル」です。朝日新聞社が中高生を対象とした教育プロジェクトの一環として「SDGsについて自ら考え、自ら行動し、自分ごと化する」ことを目指した教材の創刊に伴い、全生徒・教職員分の新聞を無料で贈呈(応募制)してくださいました。

紙面にはSDGsに関する基礎知識から社会を取り巻く状況、大学や地域・企業でのSDGsの取り組みなどが掲載されており、生徒会活動等でSDGsに取り組んでいる生徒たちにとって関心をもって読める内容でした。

新聞を読んだ生徒からは「SDGsに取り組んでいる人たちがたくさんいることを知ることができた」、「企業や地域が色々な取り組みをしているので、自分ができるSDGsに取り組んでいきたい」などの感想が聞かれ、自分の知らない社会や世界を知ったり、SDGsを自分事として考えたりすることができました。

一方で、「新聞は縦書きで書いてあるので読むのに時間がかかる」、「机の上では新聞が収まりきらないので新聞を広げて読むのが難しかった」など、新聞そのものの扱いや読み方に苦労している様子もうかがえました。

普段、家で新聞を読むことが少ない生徒にとって、このような機会により、情報媒体としての新聞(朝刊の情報はおよそ20万部。新書版の本2冊分の情報が掲載)の存在を認識し、社会に関心をもつきっかけになってくれれば嬉しいです。生徒が読んだ新聞は家に持ち帰りますので、保護者の皆さんも読んでいただければと思います。3年生は来週、新聞を読みます。

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->