校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2021 年 11 月 のアーカイブ

12月の主な学校行事予定

12月の主な学校行事【予定】は次のとおりです。

2日(木)5時間日課:部活動日

4日(土)数学検定

6日(月)あいさつ運動

8日(水)1年「命の学習」

9日(木)~15日(水)個人懇談会:3時間日課(※土日除く)

17日(金)人権講演会

20日(月)保育園訪問(3-2)

21日(火)保育園訪問(3-1)

23日(木)生徒総会

24日(金)生徒会引き継ぎ 5時間日課:部活動日

27日(月)2学期終業式(5時間授業)

28日(火)年末・年始休業(~1月6日)

29日(水)学校閉庁(~1月3日)

ページの先頭にもどる

探鳥会が行われました。

11月27日(土)かざこし子どもの森公園で「冬の探鳥会」が行われました。

当日は朝8:30集合、気温は低く快晴、まさに絶好の探鳥日和となりました。

西中の生徒職員だけでなく、丸山・羽場公民館の方々にも多数ご出席いただき、8班に分かれて探鳥開始。

 

 

 

 

 

 

「あ!いた!」「なんか飛んだ!」あちらこちらから声が上がります。

 

 

 

 

 

 

「あの飛び方はヒヨドリ。ほら波のような飛び方でしょ。」

「あ、今聞こえたのはシジュウカラだね。」

講師の先生方が生態を含めわかりやすく説明してくださいます。

 

 

 

 

 

 

みんなそれぞれに双眼鏡をのぞいたり、耳を澄ませたり…

 

 

 

 

 

 

最後は「鳥合わせ」、どんな鳥が見られたか声が聞こえたかを発表し合います。

 

 

 

 

 

 

鳥でも植物でも、名前を知ると不思議とその存在に気付けるようになります。

今まで何でもなかったただの空や林に、シジュウカラやジョウビタキ、カワラヒワが飛び、コガラやヒガラ、メジロのさえずりが響いていることに気づき、探鳥会が終わる頃には、ほら、昨日までよりずっと色鮮やかで豊かな世界が広がっていませんでしたか。

ヒヨドリ「ひーよひーよ♪」

カワラヒワの群れ。黄色の羽が目印。

シジュウカラ。胸のネクタイが特徴。

ページの先頭にもどる

「新聞で見る飯田西中学校」コーナー紹介

西中の活動や取り組みは新聞でも取り上げていただくことがあり、職員室前には今年度掲載された記事の切り抜きを掲示したコーナーが設けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は「冬季ジブン・チャレンジ期間」について、2紙に取り上げていただきました。

ページの先頭にもどる

寒くなりました(冬期の服装について)

今朝は場所によっては雪のちらつく寒さになりました。これからの寒さに備え、服装も本格的な冬支度が必要な時期ですね。

以前に配付したお便りを載せるので、今一度ご確認ください。

R3冬期間の服装(防寒着)

寒さに負けず、コロナやインフルエンザに負けず、健康でこの冬を乗り切れますように。

 

「ぼくはもうぬくぬくだよ♪」ヒーターが入り、青龍の冬支度はばっちりです。

 

明日からの期末テスト応援しています。ファイト!

学習相談の時間や放課後学習会、家庭学習の成果が表れるといいですね。

ページの先頭にもどる

中体連南信地区大会 卓球団体が準優勝と入賞

11月20日(土)茅野市運動公園総合体育館で行われた中体連南信地区大会兼長野県大会「新人卓球団体戦」で、男子が準優勝、女子が6位入賞を果たしました。また、21日(日)の男女個人戦に出場した選手たちも精一杯戦ってきました。

団体戦は来年1月8日(土)に、県内4地区(南信・東信・北信・中信)上位が集う、長野県卓球連盟主催の「県中学校新人選抜大会」への出場権を得ることになりました。

 

ページの先頭にもどる

「かざこし学習発表会」が行われました

11月19日(金)、丸山小学校6年生の皆さんが来校して、「かざこし学習発表会」が行われました。

この会は総合的な学習や体験学習で学んできたことを発表する場で、関係地域の方や高校の先生も参観されました。

以下、<まとめの会>の宮下校長の話より抜粋して当日の様子をお伝えします。

・・・・・・

個人差やグループ差は当然生じてきますが、どのグループも相手意識に立って一生懸命に取り組んでいました。また、学年の壁を乗り越えてお互いに学び合う姿があり、とてもよいグループワークができたと思います。

今の皆さんは、緊張感や自分の壁を乗り越えたという解放感や達成感、同時に自分の課題が見えた人もいると想像します。限られた時間ではありましたが、これからの人生に役立つものが蓄えられたのではないでしょうか。

特に、リーダーの3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした。皆さんの頑張りがなければこのグループワークは成立しませんでした。加えて、グループの雰囲気を気にかけて、自ら発言してくれた人にも感謝です。有り難うございました。

このような人たちがいたり、発言の言葉遣いが丁寧だったり、気持ちをリラックスさせてくれる言葉がけもあったり、真剣に聞いてくれる人がいることで、安心感をもてたり、グループの一体感を感じたりした人もいるのではないでしょうか。

(略)

皆さんは確実に成長しています。本年度のあと4ヶ月ちょっとの期間、すごい地域環境にいることに誇りをもち、目標を具体的にして生活してください。

ページの先頭にもどる

冬の探鳥会(と部分月食)

この数週間で、季節もぐんと進みました。

職員室から見えるイチョウの葉もまぶしいくらいに色づき、冬鳥のジョウビタキが遊びに来ています。シロハラやツグミの姿も見かけるようになりました。

グランドの上をノスリが横切り、トビが弧を描き、校舎の裏手ではチョウゲンボウがドバトを追い回し…、ふと見回すと鳥だらけの西中です。

 

 

 

 

 

 

 

来週11月27日(土)には「冬の探鳥会」が開催されます。

お知らせをご覧ください:冬の探鳥会

冬の朝、鳥の声に耳を澄ましながら歩いてみると、いつもの視線の上にはこんなにも豊かな世界が広がっていたんだということに気が付くはず!ぜひご参加ください。

 

※今日は部分月食が見られます。お昼の放送では、理科の荻原教諭より月食についての説明がありました。今夜の欠け方は珍しく、この欠け方をするのは140年ぶりなのだそうです。皆さん今夜はぜひ空を見上げてみましょう。晴れますように!

校長室前の黒板にも月食の説明があります。

ページの先頭にもどる

筑波大学アスレチックデパートメント授業より

17日(水)は1学年、18日(木)は2学年で筑波大学アスレチックデパートメントのオンライン授業を行いました。

この授業では次の3つのゴールが示されました。①挑戦することを決める ②取り組む具体的なアクションプランを立てる ③前向きに取り組みたいという気持ちが湧く

続けて、やりたいことや伸ばしたいことを見つけるヒントとして、次の4つのコースが示されました。①やったことないことにチャレンジしたい! ②今やっていることをさらに深めたい! ③人や地域の役に立ちたい! ④ココロとカラダをリフレッシュしたい!

そして、各自がスプレットシートで友だちの計画も参考にしながら、「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どれくらいやるか」の内容でアクションプランを立てました。

自らが見通しをもち、考え、実行する。その結果を振り返って、次につなげていくという力を身につけることが、これからの人生にも役立っていくものと思います。

ページの先頭にもどる

筑波大学アスレチックデパートメント授業を行う

第4校時に1学年が2クラス同時に筑波大学のアスレチックデパートメントによるリモート授業を行いました。飯田市教育委員会や飯田事務所、飯田市スポーツ協会や公民館等からの参観や、中日新聞社や飯田ケーブルテレビの取材もありました。

飯田市では中学生期の適正なスポーツ活動時間を目指して、昨年度は冬季に「放課後部活動オフ期間」を設けて、下校後の部活動は行わない等の取り組みをしました。その中での課題もあり、本年度からは「冬季ジブン・チャレンジ期間」と名称を改めて、部活動が制限される期間を「自分のやりたいこと、伸ばしたいことに挑戦する期間」になりました。

部活動加入の有無にかかわらず、自由になる時間をどう過ごすのかを、自ら考え行動することで自分の可能性を広げたり、自分のやりたいことや伸ばしたいことを主体的に挑戦したりすることが目的となります。

今日は、冬季ジブン・チャレンジ期間の意味を確認し、自分がやりたいこと・伸ばしたいことを見つけて、その実現に向けてアクションプラン(行動計画)を立てました。そして、このアクションプラン実践の振り返りを毎週行っていきます。

明日は、2学年3クラスが第5校時に同様の授業を行います。(この日は、読売新聞社と南信州新聞社の取材がありました)

ページの先頭にもどる

第3回参観日がありました

11月12日(金)
第3回参観日が行われました。新型コロナの感染状況も落ち着きを見せていますが、参観は午前中の4時間を公開する形とし、多くの保護者の方に普段の授業の様子を見ていただきました。

午後は、久しぶりのPTA全体会を行うことができました。教頭より、生徒の通学路の一部変更についての説明や、来年度からの運動着が一部変更することをお知らせしました。

また、松林教諭からは、現在の飯田西中のICT教育がどのように進められているのか、特に、タブレットの持ち帰りを全生徒に許可している背景と、タブレットでできることの説明がありました。

今やタブレットは飯田西中生にとって便利な学習道具となりつつあります。自分の成長とこれからの時代を生き抜くためにICT機器を有効的に使える生徒の育成に努めてまいります。

保護者の皆さまは、まずはお子さんがタブレットで家庭学習をする様子を一緒にのぞいていただきたいと思います。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->