校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2018 年 9 月 のアーカイブ

【交流合唱発表会 9月20日】

9月29日、かざこし祭『音楽発表会』に向けて、回を重ねてきた音楽集会も終盤となってきました。

本日は初めての3学年縦割り、3グループに分かれての発表会でした。各学年それぞれの会場で、今までの練習の成果を精一杯発揮しました。さすが3年生は中学生活最後の“かざこし祭”です。メインイベントである音楽発表会にかける意気込みは、1年生、2年生のそれとはひと味違いました。3年生の一生懸命な姿を目の前にして、2年生は2年生なりに、1年生は1年生なりに次の練習への刺激となったのではないかと思います。

“かざこし祭”まであと一週間。各学年とも、残った練習時間を大切にして、当日は一緒に練習した仲間たちと心地よい達成感を味わって欲しいものです。

ページの先頭にもどる

【PTA親子作業 9月22日】

「かざこし祭前に、校舎内外の環境を整備し、2学期を気持ちよく生活できる学校環境をつくる。」という目的のもと、生徒・保護者・教職員あわせて約200名の参加者で行いました。小雨の中、計画していた雨天時の作業を行いました。PTA会長さんの挨拶で「心も磨きましょう」という話もありました。朝7時から9時までの2時間で各所がとてもきれいになり、保護者の献身的な働きに触発されて生徒たちも心を磨きながらの作業ができました。きれいになった学校環境で、かざこし祭が迎えられます。参加してくださった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

【3年福祉体験】

8月21日~23日の3日間、3年生は福祉体験に行ってきました。1学期、福祉についての事前学習を行い、自分なりの課題をもって臨みました。

体験では、デイサービスなどの福祉施設に行った人がほとんどでした。普段、高齢者と関わる機会がないという生徒も多くいましたが、職員の方に質問をしたり、利用者の方に話しかけたり、精一杯取り組む姿がみられました。学校とはまた違った一面を見ることができ、体験を充実させたいという思いが感じられました。

3日間の体験を通して、「自分の親に介護が必要になったら…」など、福祉を「自分ごと」として考えることができました。自分で見て、聞いて、感じたことを自分の糧とできるよう、これからまとめていきます。

ページの先頭にもどる

【3年 乳幼児とのふれあい学習+性教育講演会】

7月19日、3年生が乳幼児とのふれあい学習を行いました。乳幼児学級に参加されている方々のお話しを聞きながら、実際に子どもたちとふれあいました。赤ちゃんとふれあうのが初めて、という生徒もおり、どう接していいか戸惑う姿もみられました。しかし、だっこさせてもらったり、おもちゃで遊んだりしているうちに、だんだんとふれあいを楽しむようになりました。「自分もこんなときがあったのかなあ」「こんなに小さいのによくここまで大きくなったなあ」と、自分の成長を振り返ることができた1時間でした。

そして、7月23日には、性教育講演会がありました。講師の先生は、「皆が生まれ、今、生きているのは、普通や当たり前のことではなく、奇跡のようなすごいことで、本当に大事にされて生きてきた」という話をしてくださいました。先日の乳幼児とのふれあい学習と合わせて、命について改めて考えることができた1時間でした。

ページの先頭にもどる

【農業体験学習 1学年 8月22日~23日】

「自分が住んでいる地域を知る」「コミュニケーション能力を磨く」「農業を通して、働くこと・尊さから今後の学校生活や社会貢献に生かす」ことを目標にして、千代地区・上久堅地区で農業体験学習を行いました。

千代地区にある「よこね田んぼ」では、管理している方から農業の苦労話を聞きました。その後、各農家に分かれて作物の収穫や出荷作業などの農業体験をさせていただきました。

農家に民泊をさせていただき、貴重な経験をさせていただきました。この経験が今後の学校生活に活きてくると思います。

ページの先頭にもどる

【非違行為防止研修会「ピア・サポート(仲間を支える)」 8月24日】

職員の今の心理状態をクレヨンで描き、それをもとにして語り合う「私のハート」というピア・サポートの演習を実施しました。クレヨンを手にする新鮮さ、自分の気持ちに向き合い、それを語ることで得られる安らぎや開放感。さらに、それに対して他者から温かなメッセージを受け取り、元気を得られる演習です。

職員も人間です。頑張ることで心身に疲労がたまっては、効果的な指導が期待できません。寄せられた感想をみても、こうした研修会も時には必要であると感じました。

ページの先頭にもどる

【職員研修会(学習指導・教科研究) 8月24日】

この日、全職員で「1学期の授業のあり方や学習指導」などについて個別に振り返り、2学期の指導目標等をあげた資料をもとにグループ形式で協議をしました。生徒たちの力をどのように伸ばしていけるか、真剣に話をしました。

 

ページの先頭にもどる

【職場体験学習 2学年 8月20日~24日】

「職場体験学習を5日間連続で行うことにより、仕事に対する表面的な大変さを感じるだけでなく、そのつらさを乗り越えようとする自分のよさを発見し、自分を見つめ直すことができる。また、苦しさに耐える心を育てる。」を大きな目標として、実際に「社会で働く体験をする」ことを重視し、体験をすることを通して「働くこと」の意味を理解し、職業に就くことについての考えを深めることを願って実施しました。

本年度は、特に「働くとは?」の自分なりの考えを持って体験に臨みました。きっと、各自の働くための課題を克服したり追究したりできたと思います。これから体験のまとめをしつつ、学校生活の中で更に「働くとは?」の追究をしていきます。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->