校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2012 年 11 月 のアーカイブ

職場体験学習の見返し  ~道徳:2学年~

 8月に実施した、5日間連続の職場体験学習について、様々な観点から見返しをしてきましたが、11月16日(金)には、“職場の方々は、どのような思いで私たちを受け入れてくれたのだろうか” を考え合う道徳の授業を通して自分たちの体験を振り返ってみました。私たちの生活が多くの人に支えられて成り立っている事を、職場での体験から改めて感じることができました。更に、感謝の気持ちを強くし、それに応えていこうとする気持ちが高まった生徒達の感想や姿が見られました。

 『体験しているとき、職場の方の思いは考えていなかったけど、今日、授業を受けて理解する事ができた。あと、”大きな優しさに包まれている”という言葉。私達は沢山の人に支えられて、成長していくんだなぁと思った』

『職場体験の本等の目的がわかった。職場の方は本気で僕を思って、体験させてくれた事に、もう一度感謝したいと思いました。その経験を絶対に生かしたいです。』

  

ページの先頭にもどる

地域への提言をまとめ町づくり委員長さんに ~2学年~

 家庭科では『家庭や地域とのかかわりを考えよう(2学年)』の学習の中で、公民館長さんをゲストティーチャーとしてお招きし、地域活動の意味やこれからの地域とのかかわり方を考えています。その中で、自分たちが地域の大切な一員である事を知り、十数年後に地域を担っていくのは自分たちであると自覚するようになりました。生徒たちは、地域の一員として何かできないかと考え、地域を活性化させるためのアイデアを、地域への提言という形で地域の文化祭において発信しました。 ~11月4日(羽場地区文化祭にて) 11月11日(丸山地区文化祭にて)~

ページの先頭にもどる

車椅子体験をしました~後期人権教育月間 ~

  11月は人権教育月間です。 本校では、“体験・実習を取り入れた人権学習”を進めています。体験を通して、相手意識を持ったり、自分自身を振り返ったりすることができます。 

 11月9日(金) 1学年の人権教育では、車椅子体験を通して、自分自身の人権意識や日頃の生活について振り返りました。後ろから介助する人は、ちょっとした段差や方向転換にもかなり力のいる事に驚き、乗っている人は思っていたよりももっとスピードが出たり、車椅子の上げ下げで強い衝撃が体に伝わってきたりして「恐い、恐い」という人が多かったです。どちらの立場も体験してみて、相手の立場に立ってなって考える事が大事である事に、多くの生徒が気づいていきました。

 

 

ページの先頭にもどる

アイマスク体験・高齢者疑似体験をしました ~2学年~

 2学年は、高齢者疑似体験を行いました。『…ずっと、心のどこかで「なんでそんなに遅く歩くの?」とか、「腰が痛いってどうしてだろう?」と思っていたけど、よくよく身にしみてわかった。もっとお年寄りを大切にしたいと思えた。』 という感想にもあるように、相手の立場になって考える事の難しさを体験を通して感じた生徒が多かったようです。お年寄りを大切にしたいという気持ちは、多くの生徒が持っているのですが、それが自分の体験に裏付けられた気持ちであるとすれば、より相手の立場に寄り添い、自分ができる事から実行していく力となっていくと思います。 

 

ページの先頭にもどる

絵本の読み聞かせ活動② ~図書委員会~

 飯田西中学校生徒会の1つの柱に『地域とのつながり活動』があります。図書委員会では1学期に続き、飯田子ども未来館(放課後児童クラブ)へ絵本の読み聞かせ活動に行きました。中学生が朗読するお話に目を輝かせ、真剣に耳を傾けてくれる小学生の姿を見て、自分たちの活動に満足感を持つことができたようでした。

 

ページの先頭にもどる

Good コミュニケーションで楽しい毎日を!~PTA講演会~

 10月24日(水) 国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチである渡辺照子先生の講演をお聞きしました。PTA教養部と保健厚生部の共同企画として行われた講演会ですが、全校生徒も参加し、コミュニケーションをとる時には何が大切なのかということについて、ワークを通しながら体験的に学ぶ事ができました。

 「…人の話を相手を見て聞く事、プラスの眼鏡をかけて日々の生活を送る事をしていきたいです。今回は、本当に心に響くお話でした」(2学年) 

ページの先頭にもどる

地域貢献奉仕活動を行いました ~3学年~

 総合的な学習の今年度のテーマは、「人・もの・こと・地域への貢献」「自分にできそうな事への挑戦」(3学年)です。今まで様々な場面でお世話になってきた地域のために何かできる事はないかと考え、公民館や公園の清掃や草取り、街路の植え込み内のごみ拾いなどの地域の美化活動に汗を流しました。~10月19日~

 「今日は地域への奉仕作業をしました。私たちの班は公園の草取りをしました。もとから公園がきれいで、あまりとる草がなかったのですが、やってみるとけっこう時間がかかりました。これを毎月やってくれている地域の方はすごいです。こんどから手伝いに行こうかな・・・」

 普段意識することは少ないけれど、地域のために働いている人がいることや中学生が地域に出て活動する事に対し快くサポートして下さる地域の方々がいることも感じる事ができた学習となりました。

 

ページの先頭にもどる

農業体験&農家への聞き取り活動を行いました ~1学年~

 1学年のキャリア教育は、「農業体験学習」を中核にして進めています。8月に飯田市内の千代千栄地区の農家に宿泊し、体験をしてきました。そのまとめの学習の中で、自分たちの住んでいる羽場、丸山地域の農家でも体験したいという願いが生まれ、10月19日(金)に訪問することができました。   

 「…私達はリンゴの木の下にわらを敷く作業と稲刈りを少し体験しました。リンゴの木の下にわらを敷くと、水分が保たれたり、草が生えてこないそうです。すごい工夫だと思いました…」と生活記録にもあるように、働く上での工夫や凄さを体験を通して感じ取った生徒もいました。

 体験を通して学んだ事は、11月20日(金)に行われる『かざこし学習発表会』で発表する予定です。

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->