校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2011 年 1 月 のアーカイブ

飯田西中学校発キャリア教育 ~キャリア教育で育む豊かな感性~

 本校1年生の美術は、「紙粘土で本物そっくり」の作品を作り、廊下に展示しました。農業体験学習の影響からか、多くの作品が野菜や果物です。生徒たちの豊かな感性をご覧下さい。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~キャリア教育で育む「人に役立つことを行う」実践力~

 一年間のまとめをする時期となりました。生徒会保健委員会は老人福祉施設との交流についてまとめました。そこには、「劇の内容は『大きなかぶ』をやりました。お年寄りの方がとても喜んでくれたのでよかった。」と記されていました。
 このことは些細なことで当たり前のことかもしれませんが、大変価値があることだと思います。

 本校の目玉は、キャリア教育です。キャリア教育を広義でとらえ、生き方教育(人間のもとづくり。物事にどう取り組むか。取り組みを未来につなげていく)として全教育課程において、いつでもどこでもキャリア教育に取り組んでいます。
 いつでもどこでも、即ち、日常茶飯事的に「相手(お年寄り)が喜んでくれて良かった」という考えを持てることが、大変価値があることではないでしょうか。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~冬の風越山&「キャリア教育で育む地域貢献」~

   写真中央にそびえている山が、飯田市民のシンボル的な山である風越山です。その麓に、本校は位置しています(写真中央の建物)。風越山は飯田市の水源でもあるのですが、花崗岩からできていて崩れやすく、ゆえに間伐は不可欠です。そこで、本校3年生は、夏に間伐体験を行っています。それでは、間伐体験後に行った「振り返りの授業」での様子を紹介します。
Aさん
「間伐をすると、光が差して気持ちがいいね。よい木が育つことがわかった。」
Bさん「間伐が大切だということがわかったけれど、実際に木を伐ってみると木は重たいし、腕は痛くなるし、大変な仕事だった。」
Cさん「風越山を手入れしている人たちは、AさんやBさんが言うように、大切な仕事で重労働だから、きっと給料はいいと思う。」
Aさん「高額もらっていると思う。」

 このように教室では、間伐体験を指導して下さった地元の方々の給料が話題になりました。その後、生徒たちは新たな発見をしました。それは、
Bさん「えっ? 正規の仕事ではないの?」
Cさん「どうして?」
教師
「正規の仕事は他にあって、奉仕作業として、地域を守る仕事として取り組んでいます。」
Fさん「消防団の人たちの仕事と同じだ。」
Gさん「奉仕作業として、地域を守っているんだ。すごいなあ。」

 本校はキャリア教育を生き方教育ととらえ、全教育活動で取り組んでいます。キャリア教育では物事の意味を追究します。その結果、「地域貢献の大切さ」を感得します。 このことが「人に役立つことを行う」につながっていきます。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~キャリア教育で育む和文化の心~

 本校1年生は音楽の時間に、日本の心を追究すべく、和楽器に取り組みました。過日、竹楽器演奏家・遠藤健二先生を招き、尺八教室を開催しました。生徒たちは音色を響かせることに一生懸命、挑みました。遠藤健二先生曰く、「息を吹き込む位置と角度」が大切だそうです。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 上の句で取り合うハイレベルな源平戦

 過日、本校生徒会は毎年恒例の百人一首大会を行いました。学年ごと、源平合戦で臨んだのですが、3年生は写真の学級通信の文言にあるように、「上の句で取り合うハイレベルな源平戦」となりました。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 本校HPアクセス数100万を超える!

 本校ホームページのアクセス数が100万を超えました(since平成20年7月) 。これもひとえに皆様方のおかげです。今後とも宜しくお願いします。

 

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~飯田の風景は心のふるさと(学区の風景)~

 本校はキャリア教育を「生き方教育」「生涯教育」ととらえ、全教育活動において、いつでもどこでもキャリア教育を推進しています。例えば、日々の学習においても「どのように取り組むか」「どのような轍(わだち)、取り組みの足跡を残すのか」を大切にします。中学時代に本気になって物事に打ち込んだ経験はその後の人生の肥やしになるはずです。
 「総合的な学習の時間」の中核活動として、1年生は農業体験学習に、2年生は職場体験学習に、3年生は林業体験学習に取り組んでいます。写真は風越山と学区です平成23年1月3日撮影)。
 風越山は、林業体験学習でお世話になる山であり、飯田市民のシンボル的な山でもあります。風越山麓に、本校は位置しています(写真中央)。
 写真は、飯田市鼎地区から撮りました。学区の中で、西端の「大休」から、北端の「丸山町4丁目」、さらには南端の「羽場坂町」も写っています。
 これらふるさとの風景は生徒たちにとって、一生の財産です。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校キャリア教育 ~会場に一体感が醸成された3学期始業式~

  1月7日午前8:45。外気はマイナス5℃。厳寒の中、本校は武道場にて3学期始業式を行いました。
 式の中で3人の生徒が、「3学期に頑張りたいこと」「3学期の目標」について意見発表をしました。3人ともに、名前を呼ばれた時の「はい!」の返事から始まって、力強く気合に溢れたスピーチでした。3人が発表し終えて退場する際、満場の拍手が起こるなど、会場に一体感が醸成され、それは、外の寒さが吹き飛ぶような暖かな雰囲気でありました。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~キャリア教育で育む「道徳的な実践力の向上」~

 頌春 本年も宜しくお願いします。
 さて、本校日報「今日の輝き」欄に、本校A先生は次の原稿を寄せました。
「先日、階段を下っていた時、ひとりの生徒が『先生、ここ、すごいゴミがたまってるんです。』と、手すり下の端にゴミがあることを教えてくれました。その声を掛けてくれた生徒は、自らほうきとちりとりを持ち出して、そのゴミを片付けました。自主的に『すべきこと』をできるその生徒が、私にはとても輝いて見えました。素敵な気持ちに感謝です。」
  本校はキャリア教育を「生き方教育」「生涯教育」ととらえ、全教育活動において、いつでもどこでもキャリア教育(人間としてのもとをつくる)を推進しています。日常生活における「道徳的な実践力の向上」はその具体な姿です。
 ※写真は平成23年1月1日午前7時18分。本校4階から見た、日の出の様子です。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->