校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2010 年 9 月 のアーカイブ

飯田西中学校発キャリア教育 ~学級旗そして生徒会員同士がつながる~

 今年度生徒会のスローガンは「絆思創挨」ばんしそうあい)。生徒会はいつでもどこでも、このスローガンの実現に向けて取り組んでいます。「絆思創挨」の「絆」は「つながり」を表しますが、このことについて、一例を紹介します。
 過日行われた第37回かざこし祭。オープニングセレモニーで学級旗披露がありましたが、1年1組の学級旗から3年3組の学級旗までが一つにつながりました。

 この学級旗披露は、飯田西中学校太鼓隊による「ぶち合わせ太鼓」の演奏のもと行われました。このような太鼓隊の活躍によって、旗がつながるだけではなく、生徒会員の心が一つにつながったのではないか思います。それほど、太鼓隊の演奏に迫力があり、演奏者一人ひとりが「本気さ」を充分に醸し出していました。。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~文化祭までの足跡を振り返る~

 おかげさまで、第37回かざこし祭を成功裏に終えることができました。これも保護者・地域の皆様方のご協力のお陰です。
 さて、本校生徒会の足跡を振り返ってみます。
 4月、生徒総会にスローガン「絆思創挨」を提案(写真左)し、可決されました。これによって目標が定まりました。
 次に「目標をどう実行するか」について、英知を絞り、「学級旗でつながりを表す」「太鼓の演奏により、全会員がつながる」「交流合唱を取り入れる」などの策を考えました。
 これらの案を職員会にも提案(写真右)し、実行に移していきました。
 本校生徒会のPDCA(Plan-D0-Check-Act)「目標を定め、みんなで英知を絞って実行していく。実行後、振り返り、今後につなげていく」ーこれはキャリア教育の「役割把握・認識能力」「計画実行能力」「人間関係形成能力」「意志決定能力」に該当します。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~丸山小学校でかざこし祭のPR~

 

 文化祭前、本校生徒会総務役員会の代表3名が丸山小学校に出向き、中学校の文化祭(かざこし祭)の紹介をしました。その時の様子が3年生の学級通信に載っています。紹介します。
 「予め、原稿を用意していったのですが、いきなり『この中で来年度、飯田西中学校へ入学する人、手を挙げて!!』という語りかけで始まりました。その後も6年生の表情や反応を見ながらのPRが続きました。原稿を読み上げるのではなく、心底から『かざこし祭に来て、中学校の雰囲気を感じて欲しい』という気持ちが溢れた語りかけでした。」
 本校は全教育活動でキャリア教育に取り組んでいますが、小中連携もキャリア教育の大切な視点です。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校キャリア教育 ~全校の「つながり」を求めて~

 第37回かざこし祭の音楽会。どの学級、どの学年も素晴らしい歌声を飯田文化会館いっぱいに響かせていました。
 今年度は昨年度までの、コンクール形式の音楽会と形を変え、賞をつけない形にしたこともあり、生徒たちは力まずに伸びやかに歌っていました。全校合唱「My Own Road ~僕が創る明日~」では全校が心を一つにして歌える「喜び」を感じることができました。この音楽会を通し、学級の「つながり」を確認し、学級・学年の枠を超えて、全校の「つながり」(絆)を深めることができたのではないでしょうか。 

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~かざこし祭の成功を予感させる取り組み方~

 本校では文化祭(かざこし祭)が、いよいよ明日開催となりました。生徒たちの今までの取り組みを総括するような文章がありました、紹介します。「文化祭直前。今までと全てが違い、ゼロからのスタート。綿密に計画を立て、事前に練習してきました。21日の夜6時から9時まで生徒会役員・合唱部・吹奏楽部が、飯田文化会館でリハーサルを行いました。ステージ上でのテキパキとした動き、はっきりとした返事。その姿を見て文化祭の成功を予感しました。一人一人が精一杯歌う、役員の言葉に反応を示すなどして、全校の『絆』を確かめ合えたら文化祭は成功です。」(本校日報「今日の輝き」、T先生の文章より)。
 
 今年度、「体育館が(工事のため)、ない」という大ピンチにもかかわらず、ひたむきに誠実に取り組んだ生徒たち。学校から2㎞離れた飯田文化会館での開催となりましたが、「文化祭の成功を予感できる」ような取り組みをしている生徒たち。
 このように「物事にどう取り組んだらよいか」に関わる実際の取り組みが、やがて生徒たちの「キャリア」になっていくことでしょう。本校はキャリア教育を「人間としてのもとづくり」、即ち「生き方教育」ととらえ、全教育活動で推進しています。

 追記:本かざこし祭で、飯田西中学校太鼓隊(生徒会役員等で構成)からなる「ぶち合わせ太鼓」の披露もあります。詳しくは本ホームページ・9月3日のブログを参照。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~いつでもどこでもキャリア教育・清掃編~

  本校はキャリア教育を生き方教育ととらえ、全教育活動で推進しています。例えば、日常の清掃活動もキャリア教育の視点から様々な力をはぐくむことができます。 学校の清掃は集団プレーです。加えて、一人ひとりが自分の分担を全うし、その上で気働きができることが求められます。
 写真は9月22日の清掃風景です。通し拭き」を行う生徒黒板を綺麗にする生徒(写真左上)拭きこみ」を行う生徒(写真右上)と、拭きこみ」が終わったところから机を運ぶ生徒(ほうきも兼ねる)(写真下)など、一連の流れの中で清掃が行われています。 このように、集団で清掃することから「人間関係形成能力」が身につき、さらに将来に向けて、一生懸命働くことの良さを体得することができます。いつでもどこでも、仲間と協力し合いながら一生懸命行動できるキャリアを身につけたいものです。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~プラス面を考える生き方~

 体験学習で学んだことを、どのように日常の生活に生かすことができるか。このことは、本校が追究していることの一つです。
 本校1年生は、農業体験学習を8月31日、9月1日の両日、地元羽場・丸山地区で実施しました。酷暑の中、頑張り通したAさんは、次の考えを持ちました。
 「農業体験学習で大変な仕事でも、大変だと思ってやるとやる気が出ない。逆に『楽しい』と思ってやれば、大変だったり、いやだなと思ったりすることも楽しんでやれる。マイナス面だけでなく、プラス面を考えることが大切だと思った。」
 「マイナス面だけでなく、プラス面を考える」ー体験から生まれたこの考えは、Aさんにとって「今後の人生の糧」となりますね。

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~夏休みからの周到なる準備。そして大成功。~

  「かざこし祭」(9月25日実施)が間近に迫ってきました。
 本校生徒会運動委員会は17日(金)、かざこし祭当日に先立って、スポーツレクレーションを実施しました。ジャンボサイコロゲーム(全員)、ロープジャンプ(学級ごと)、宅急便リレー(委員会選抜)、綱引き(部活動対抗)、代表リレー(学級代表)を実施したのですが、どの種目も大変盛り上がり、大成功のスポーツレクレーションとなりました。かざこし祭に向けて、生徒の気持ちも最高潮に達したのではないでしょうか。 
  実は準備の段階から盛り上がっていました。その様子は本校日報「今日の輝き」でズバリ、とらえていました。
◇9月16日(木)の日報:
月曜日の運動会では、縄跳びでクラスの団結、宅急便リレーで委員会内の団結、綱引きで部活動の団結、個々がどのチームに所属してもお互いに仲良くまとまり、うち解け合える姿に西中生の純粋さ、団結力を感じさせます。いよいよ明日が本番です。ここでさらなる団結をはかり、かざこし祭へとつなげていきましょう。 (黄色チームの綱引き優勝請負人 K先生)
◇9月17日(金)の日報:かざこし祭が近づいてきました。5日前にして、いよいよ本当の盛り上がり見えてきました。運動会リハーサルもみんな本気で、綱引きに、宅急便リレーに取り組んでいました。運動委員の皆さん準備お疲れ様です! 特にリーダーの委員長・副委員長は、夏休みに計画を何度も何度も練り直していました★ さあ、今日いよいよ本番です! みんな精一杯輝こうぜ~~!!!(赤チーム綱引き優勝・・・請負人 H先生)

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~農業体験学習を日常生活に生かす授業~

 8月下旬~9月上旬のチャレンジweekで、本校1年生は学区の羽場・丸山地区で農業体験学習を行いました。その際、「農家の方々の自慢したくなる点を見つけてこよう」というテーマを持って臨みました。それは、一学期に行った千代・千栄での農業体験学習で、農家の方々の営みに共感し、今度は、「地元である羽場・丸山地区の農家の方々の良さを見つけよう」との問題意識を持ったからです。
 過日、農業体験学習の振り返りの授業を行いました。1年生のA君・Bさんの学習の足跡を見ていきます。
 A君は、個人追究の段階で学習カードに「農家の方はより安全な農産物を作るために農薬を使う回数を減らしている。そのこだわりがすごい。」と記しました。その後、班で「農家の方々の良さ」について発表し合いましたが、その感想を「僕が感じたこと以外のことを班の人たちは気がついていてすごい。人の良いところを探すのはすっきりするし、とてもいいことだと思った。」と学習カードに書きました。
 Bさんは班での発表後、「農業体験を振り返って、班で農家の人の自慢を考えて、これからの中学校生活や家での普段の生活で、この班で考えた自慢を生かしていこうと思いました。」と学習カードに記しました。
 まざにA君・Bさんの言うとおり、生き方として「人から学び、生かしていく姿が大切」なのですね。
 

ページの先頭にもどる

飯田西中学校発キャリア教育 ~熱い熱い想い。そして交流合唱。~

 本校音楽室前メインストリートには、生徒たちの「かざこし祭・音楽会に賭ける熱い熱い想い」があります(写真上)。この「熱い熱い想い」の発表の場がありました。
 過日、「かざこし祭」に先立ち、学級間の交流合唱を行いました(写真下)。3年の学級と交流合唱を行った1年生のAさんは、「3年生は迫力があってすごかった。男声の大きさにも圧倒された。」との感想を持ちました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->