校章

飯田市立飯田西中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0061 飯田市正永町1-1215 TEL 0265-22-0143 FAX 0265-22-3379

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2010 年 3 月 のアーカイブ

西中発「ふるさと飯田の魅力」NO.8 ~世界に誇るお練り祭り~

 西中発「ふるさと飯田の魅力」の続編(NO.8=最終号)です。
 さる3月26日(金)~28日(日)にかけて、飯田市で7年の一度のお練り祭りがありました。天候にも恵まれ、街中は多くの観光客で大変賑わっていました。
 お練り祭りの歴史を紐解いてみました。
 1715年に大水害が起きましたが、飯田の町は災難から逃れました。水害のなかったことに感謝し、1719(享保4)年に式年祭が再興され、1734(享保19)年から7年ごとの寅・申(さる)年に行われるようになりました。(「私たちの飯田市」より)
    さて、卒業式を終えた本校3年生が、さる2月、「ふるさと飯田の魅力は何ですか」との問いに「お練り祭り」と答えました。そして次の文を書きました。
 「飯田には全国にはない屋台獅子があります。屋台獅子は長野オリンピックの閉会式に出ました。そして飯田には7年に一度行われるお練り祭りがあります。寅年と申年に行われます。(中略) お練り祭りでは、東野大獅子と大名行列をメインとして、獅子や太古などいろいろな出し物があります。また、毎年秋には南信州獅子舞フェスティバルがあり、今年は全国獅子舞フェスティバルが同時に行われます。このように飯田は獅子が好きで有名です。(以下、略)」

 飯田には、世界に誇る観光資源「お練り祭り」「獅子舞」があります。この「お練り祭り」「獅子舞」について、前述の3年生は、何の資料も見ずにわずか15分で書き上げました。まさしく、「飯田自慢」ですね。

ページの先頭にもどる

平成22年度が始まります

   平成22(2010)年度の飯田西中学校がまもなく始まります。入学式は、4月5日(月)の8:30~9:50です。写真は昨年度の入学式ならびに1年生の学級開きの様子です。
 新年度、大人も子どももフレッシュな気持ちで頑張りたいものです。

ページの先頭にもどる

快挙! 男子バレーボール部が北信越大会で準優勝!

 

 本校男子バレーボール部は、「第8回北信越中学新人バレーボール大会」(会場:富山県朝日町体育文化センター・入善町総合体育館)に出場しました。北信越20校が出場したこの大会で、準優勝を収めることができました。

    ある試合では最終セットで16対21で負けていたのを、連続9点取って逆転勝ちをしました。粘りや、ここ一番での「西中パワー」を発揮することができた大会となりました。

  第1試合・・・・・・・・・・・○飯田西中2ー0上市中(富山県)● 
  第2試合・・・・・・・・・・・○飯田西中2-1上中中(福井県)●
  第3試合・・・・・・・・・・・○飯田西中2-0下山中(新潟県)●
  第4試合(準決勝)・・・・○飯田西中2-1中川中(長野県)●
  第5試合(決勝)・・・・・・●飯田西中0-2中之口中(新潟県)○

ページの先頭にもどる

西中発生徒会 ~年度末休業中、新年度の準備に取り組む生徒会~

 

 

  本校はさる19日より年度末休業に入りました。この年度末休業は生徒会にとって、新年度の準備ができる「黄金の時間」といっても過言ではありません。
 新年度生徒会の発足に向けて、それぞれが懸命に取り組んでいます。

 写真左は、総務役員会の様子であり、新年度のスローガンについて話し合っています。
 写真中は、美化委員会が各教室を廻って、清掃用具のチェックをしているところです。
 写真右は、コンピュータ室で文書作成に取りかかっている様子です

ページの先頭にもどる

大成功!!第3回フレッシュコンサート

  

 年度末休業中の3月22日(月祝)、本校吹奏楽部は「第3回フレッシュコンサート」を飯田市羽場公民館にて開催しました。「Happy Music ~音楽でみんなを幸せにしよう~」を合い言葉に演奏しましたが、150名もの方々が訪れて下さいました。

ページの先頭にもどる

卒業式その3 ~Beauty of Nishichu~

 第63回卒業式での生花です。桜を2週間ほど前から室内で育て、開花を調節しました。

ページの先頭にもどる

卒業式その2 ~卒業生が涙して伝えた感動の答辞~

 過日、本校は、第63回卒業式を挙行しました。卒業生が述べた答辞について紹介します。
 卒業生が答辞を、優しく、穏やかな口調で語りました。特に次の文は、万感の思いが伝わってきました。
 「1・2年生の皆さん、3年生はどのような存在だったのでしょうか。私たちは皆さんのような元気で明るい後輩に恵まれ、本当に幸せでした。皆さんはこれから伝統を踏みしめながも、自分色を充分に表し、この飯田西中学校に歴史を刻み、皆さんにしか残せない轍(わだち)を残して下さい。」(中略)「一人ひとりの夢、これから進んでいく道はそれぞれが選んだものです。新たな轍(わだち)をつくり、いつか、また、ここにいる仲間たちと笑顔で再会したい、心からそう思います。」

 語りの後、3年生は全員で「旅立ちの日」を歌いました。

ページの先頭にもどる

卒業式その1 ~「大変なこともあったけど、とても楽しかった。」の意味を考える送辞~

   過日、本校は、第63回卒業式を挙行しました。
 卒業生一人一人は、卒業証書を受け取り、未来への切符を手にしました。
 式の中で、2年生が送辞を述べました。生徒会引き継ぎ時のことを取り上げ、その時に3年生が語った「大変なこともあったけれど、一年間とても楽しかった。」という言葉を、次のようにとらえました。

 「私は、(2年時の)職場体験学習で、職場の方が『今の仕事は大変だけど、楽しい仕事だよ。』と話していたことを思い出しました。その時、『なぜ、大変なのに楽しい』と言えるのか、初めは不思議でした。しかし、自分が実際に体験してみて、楽な仕事はすぐに終わってしまうし、やり遂げてからの達成感があまりありません。大変な仕事ほど、なかなか仕事は終わりませんが、やり遂げてからの達成感はとても大きなものになると思います。ですから、(生徒会で)全校を動かすということが大変だった分、やり遂げてからの達成感がとても大きく、楽しかったと思えたのだと思います。」
 職場体験学習という実体験をもとに、送辞を伝えた2年生。3年生の「大変だけど、楽しかった。」という心を引き継ぎ、さらに発展することを期待します。

ページの先頭にもどる

3学期終業式 ~中学3ヶ年で心に残ったこと~

 明日の卒業式を控えた今日3月16日、本校は3学期終業式を行いました。
 3年のA君は「中学3ヶ年で心に残ったこと」のひとつとして、中学2年時の職場体験学習をあげ、次のように語りました。

 「食品会社で体験学習を行ったのですが、仕事をすることの面白さ・辛さ・責任を学びました。そして、達成感を得ました。このよい経験を今後に生かしていきたい。」 

 卒業生の未来が光り輝くことを祈念します。人生の至るところでバイタリティを発揮し、健闘して欲しいものです。

ページの先頭にもどる

3年生を送る会 ~3年生の凛々しい姿と1・2年生の心のこもった贈り物~

 過日、本校生徒会は「3年生を送る会」を行いました。3年生が体育館入り口に作られたアーチをくぐり、会が始まりました。いつものように制服をきちんと身につけ、凛々しい3年生です。
 会では、各学年から「心のこもった出し物」がありました。例えば、歌の発表(1年生:「栄光の架け橋」、2年生「旅立ちの日に」、3年生「3月9日」)や、3年生へのメッセージがありました。
 真ん中の部分をリニューアルしたステージバックの披露もありました。高校入試前期選抜で内定を得た生徒たちが、ペットボトルのキャップに代わり、お花紙を使って校章をきれいに作製しました(写真参照)。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->